町田のインプラント・矯正歯科は吉見歯科医院HOME > 治療コンセプト「REOL」

患者様に真の健康を手に入れていただきたい

患者様に真の健康を手に入れていただきたい

吉見歯科医院では、患者様に真の健康を手に入れていただくために、治療コンセプト「REOL」を掲げて日々の診療にあたっています。

対症療法的で一時しのぎのような治療では、根本的な解決にはなりません。医療人として、自分を信じて治療を受けてくださった患者様のお悩みを解消できないことは非常に悔しい結果でしかありません。

しばらくの間は、歯科治療に夢を持てずにいたのですが、その問題を打ち破る概念は何かないかと模索しはじめたとき(1999年)に受けた神奈川歯科大学成長発達歯科学講座にて、佐藤貞雄教授と出会いました。この貴重な出会いが、私の歯科治療に対する考え方や意識をパラダイムシフトさせる機会となったのです。

佐藤貞雄教授は、バクテリアを除去するだけでは歯のトラブルは防ぎきれないということを示すとともに、バクテリア以外の問題として、「噛む力」の問題を取り上げられたのです。

バクテリアと「噛む力」の問題を解決するには

バクテリアと「噛む力」の問題を解決するには

毎日しっかり歯みがきをする人でも虫歯や歯周病になるのは、一体なぜだろうと不思議に思ったことはありませんか? そうなるのは、この「噛む力」の問題に答えがあったのです。

「噛む力」というのは、食事のときに噛む力というよりも、寝ているときの歯ぎしりが問題になります。私は歯ぎしりをしていません、と思われる方が大半だと思いますが、精密に測定してみると100%に近い方は実際には夜間や就寝後に無意識的に歯ぎしりをしていたというデータが出ているのです。ストレスが多く溜まった日などは、寝ているときに日中の200~300%の力で噛むときもあるのです。それで、歯ぐきが痛んだりとか、歯そのものが結晶体でできているわけですから亀裂が入ったりするんです。

ですから、そこの部分を解決しないで、ただバクテリアの除去だけを一所懸命していても問題は解決しないのです。バクテリアだけでなく、「噛む力」の問題を同時進行で解決していかなければならないということなんです。

それがお口の根本的な治療につながり、そのまま患者様の「REOL(=Realize the Energy Of Life)」に結びつくと考えています。本気で悩んでいる方はご相談ください。医療人としての誇りを持ち、歯科治療を通して患者様のREOLを実現いたします。

参考文献

1)「実は歯ぎしりをしています。」それを裏付ける論文は以下です。
吉見 英広:睡眠ブラキシズムのパターンおよび筋活動に関する研究
(神奈川歯学,43-2,144~153,2008)(1)(2)

2)吉見 英広:Identification of the occurrence and pattern of masseter muscle activities during sleep using EMG and accelerometer systems (Head & Face Medicine)

3)「必要があるから歯ぎしりしているんです。」-(脳のストレス応答に対するbitingの影響I の関与、神奈川歯学 38(4): 174-176, 2003.)